日本サイロ株式会社HOME > 会社案内TOP > トップメッセージ

トップメッセージ

「安全・安心な食生活に貢献する”穀物流通ターミナル”を目指して」

当社は、元大洋漁業(現マルハニチロ株式会社)の飼料事業における物流機能を果たすべく、我が国で最初の食品工業団地である千葉食品コンビナート内に昭和42年に設立されました。

以来、元大洋漁業の飼料業からの撤退などによる変遷を経ましたが、マルハニチログループの一員として、7万トン級の大型船が接岸できる専用埠頭と135千トンのサイロスペースを持ち、海外から運ばれてくる大量な穀物の荷揚げ、保管、運送に携わるほか、35百平米弱の倉庫で一般貨物や低温保管が必要な貨物もお預かりしています。

日本は、穀物については、米を除いてほぼ全量を海外に依存しており、私たちの食生活は、輸入穀物無しには成り立ちません。

その中で私たち日本サイロは、穀物供給の首都圏への玄関口として、世界中から大型貨物船により海上輸送された穀物を荷揚げし食品メーカー様や飼料メーカー様へ安全、確実にお渡しする事で、皆様の食生活を支える責務を担っております。

また、品質管理に関しては、平成17年に国際標準規格である品質マネージメントシステムISO9001を取得し、荷揚げ、保管、運送までの品質管理を徹底しております。

“マルハニチログループ理念”

われわれを取り巻く環境は、めまぐるしく変化していきますが、マルハニチログループは、
「誠実を旨とし、本物、安心、健康な「食」の提供を通じて、人々の豊かなくらしとしあわせに貢献する。」
というグループ理念に沿った企業活動を進め、安全、安心な食生活に貢献する大型穀物サイロとして、めまぐるしく変化する環境やお客様のニーズに柔軟に対応し、よりよいサービスの徹底をはかり、皆様方のご期待におこたえしていく所存です。

日本サイロ株式会社
取締役社長 加藤丈明

採用情報